学問の世界では劣等生

アインシュタインという人物も、知られているように様々な不遇が彼を取り巻いていた。何をやってもうまくゆかない「不遇」の時代を過ごしていた。彼の転機は、ひとつの論文。その論文で、一躍時の人となった。人気を得たときの、彼の言葉に、『名声を得るにつれて、ますます愚かになっしまった。ま~、ありふれた現象ですがね、、』いつも使っている階段をのぼる時、たまに躓きそうになる箇所がある。上げた足の高さが足りなくて…

続きを読む